*過去世の話*

20歳の頃、ある先生の元を訪れて私の過去世について聞きましたが、もっと知りたいと思い続けたせいか、その後、いろいろな過去世を自分で思い出しました。

思い出しても、それを確かめるためにドラえもんからタイムマシンを借りることができないので、本当かどうかは、わかりませんが・・・

20代の頃は、同じ職場の人の過去世を、パッと見ることがよくありました。私はあちこちに転職したので、いろんな人のいろんな過去世を感じました。

ほんの一場面だけです。その人がどんな服を着ているかで、大体の国と時代を判断しました。そして、どうやら私も同じ時代に生きていたらしいのが感じられます。

いろいろ思い出した過去世に共通するのは、立場の逆転でした。

かつて、ヨーロッパのどこかで、私が刺繍や当時の女性の生き方を厳しく教えた女性は、ある職場の責任者でした。私は彼女から、仕事のあれこれを厳しく(笑)教わりました。

別の職場では、ある男性の仕事のサポートをしました。その男性は昔、中国ですごく真面目な役人だった様子が見えました。当時の私は、今でいう水商売っぽいことをしており、真面目な彼をよくからかっていたようです。

今回は全く逆で、私がおとなしい真面目ちゃん☆私は彼から、よくからかわれました。

 

アクセサリーの仕事をするようになってからは、お客さんとお会いしてしばらく経ってから、フッと過去世らしい様子が見えるようになりました。

 

相変わらず、1枚の写真がパッと見える感じで、全ての人に見えるわけでもないです。

 

その過去世で、どんな人生を過ごされたか、詳しくわかるのはごく稀で、着ている服装から、国と時代を推測できる程度です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


過去世を思い出すうち、かつて、どんな生き方や考え方をして、現在の自分にどうつながり、どう活かすのかが大切だと、思うようになりました。

肉体を持ち、言葉でお互いの思いを交わす私たちは皆、「愛」を学び実践し、感情を味わうのに、一番ふさわしい両親や環境を選んで、この地上に生まれると言います。

今私は、アクセサリーを作ったり、教室で教えたりしていますが、かつての過去世で、石を扱っていた過去世や、手芸をたしなんだ過去世など、思い出しました。

 

それら皆、今の私につながっていると思います。

 

これを読まれているあなたも、今回どんなテーマを決めて生まれてきたのか、是非思い出してみて下さい。

  

過去世を思い出すには、「私も思い出せる」と、強く思うのがコツです。意外にも、こういう思い込みが大事な気がします。

 

子供の頃から振り返って、好きだったこと、得意だったことは、過去世につながる鍵になると思います。好きな国や歴史、色、食べ物、音楽、植物、服装など、ヒントになりそうです。

 

私はどうして、これが好きなんだろう?

 

その思いに集中し、頭をからっぽにしていると、フッと、浮かび上がるものが出てきます。小さなことでも、浮かんできたものは否定しないように。

 

浮かび上がってきたのが、はたして過去世の記憶なのか、それとも、自分の頭が作り出した妄想なのか。その時わからなくても、いずれ何かの形でわかる時が来るでしょう。

 

今は、過去世回帰セラピーという手法もあります。信頼できるところで、試してみるのも良いと思います 。

 

 

spirityual体験記に戻る