*白っぽい光*

中学生の頃からだったか、目の前の人の輪郭に、白っぽい光を見るようになりました。


肩から頭にかけて見やすいです。色は白だけ、身体からほんの2センチ位です。
いわゆる、オーラみたいなものだと思っています。
白い壁やふすまの前に立ってもらうと、よく見えます。

大人になってからは、建物にも白い光が見えるようになりました。
建物の輪郭に沿って、ビヨーンと伸びて見える感じです。

石を持つようになってからは、目の前を通り過ぎる車にも見えるようになりました。
白い光の筋がシューッと過ぎる様子は、明るくなかなかキレイです。

止まっている車には見ないです。


高速道路の運転中には、緑が美しい山の端にも、白っぽいものを見ます。
山のエネルギーだと思います。

電車を待って、駅のホームに立っている時など、目の前を通り過ぎる人にぼんやりと白い光が見えます。
白い輪郭がその人から少しずれたところに見え、0.5~1秒前に歩いていた時の白い光を見ているようです。

ぼんやりした白い光は、見たいと願えば、見えると思います。
興味のわいた方は、是非お試し下さい。

*指から出る光線*

私が保育園に通っていた時のことです

保育園に、形がレンガくらいのスポンジがたくさんありました
それをたくさん敷くと、マットレスみたいになります
子供はそういうものが大好き
ある日、スポンジレンガでみんなが遊んでいたときのことです

まぶしい光が部屋に射し込んでいました
スポンジレンガに勢いよく倒れ込むと、
光の中にホコリが舞うのがよく見えました
今思うと、スポンジレンガは汚かったろうと思います・・☆


その光に、私の手を透かしてみると
5本の指先から、光線のようなものが出ていました
長く延びているので、ビームのようでした

その後もたまに、小学校の校庭で遊んでいる時など、
光線が私の指先から出ているのを見ていました
それが見えるときは、決まってよく晴れた日でした
見ようと思って見えるわけではないのですが、
ふと気づくと、見えていたのです

小さい頃から見ていたので、
それは誰でも見えるものだと思っていました
なので、特に誰かに聞くこともなければ、
自分のことを話すこともありませんでした

結婚して数年たったある朝、洗濯物を干していると
手のあたりがヒラヒラ明るく見えます
「あぁ・・ そういえば子供の頃、私の指先から
 光線が出ていたのをよく見ていたっけ」

そう思ってしばらくした後、
「光線って・・ 誰でも見えるのかな?」
30歳も過ぎて、初めて疑問に思いました
それまで、ほとんど疑問に思ったことがなかったのです

そこで、だんなさんに聞いてみたら、
え?そんなもの見えないよと、あっさり言われました

 

 

次の話に続く

spirityual体験記に戻る