*赤・青・白と点滅する光線*

私は、普段生活している中で、おどろおどろしいものは見ることはないです。ひとつだけ、あれは何だったのか、今もよくわからないものがあります。

結婚後、しばらく一般事務のパートをしていましたが、ビーズアクセサリーを作るようになると、多忙で体調を崩すようになり、思い切って昼間のパートをやめることにしました。

 

その、やめる20日前くらいの出来事でした。

職場で、パソコンで入力したデータと手書きの原本書類を見比べ、間違いがないかチェックする作業をしていました。

やがて、小さなLの字のようなものが、視界の真ん中に見えてきました。

 

2書類の書類を交互に見るのですが、Lの字は常に、視界の真ん中に見えます。これは何?と思い、視線を壁に移すと、Lの字も一緒に移動し、壁に見えるという具合です。

うーん・・・ これは、何なのだろう?痛みや、不快な感じもありません。周りは、みなさんいつものように仕事をしています。しょうがないので、そのまま仕事を続けました。

Lの字はだんだん大きくなりました。形は崩れながら、どんどん大きくなります。やがて、1メートルくらいの大きさになると、気味が悪くなってきました。

部屋を抜け出し、廊下の壁に視線を移すと、「グニャグニャに変形した線」が見えます。まぶしく輝くわけではないのですが、白い光線のようでした。

光線は、生きているみたいでした。まだ大きくなり、点滅するようになりました。

 

色は赤と青と白です。色目は、床屋さんの「三色ねじり棒」みたいですが・・・グニャグニャ光線は、点滅しながら、輪のようになります。

どんどん・・・どんどん大きくなり、気がつくと、その輪はいつの間にか、私の胸(心臓あたり)から出ていました。私の席から、部屋の向こう側の壁まで広がりました。30畳分くらい?の輪です。

胸から出た点滅光線が、とても大きな輪となって、また胸に戻ってきている。一体、何なの・・・?

 

ゆっくりと時間をかけ、輪は小さくなりましたが、なぜか、私の視界の左側へ向かって消えていきました

赤と青と白の組み合わせ。思いつくのは、アメリカインディアンのシルバーアクセサリーでした。

 

そこで、仕事の帰り道にアクセサリーの店へ寄り、その日の記念(?)に、指輪を買いました。赤めのうとターコイズ、白蝶貝を使ったものです。

その日は、強い雨がザーザー降っていました。普段通りに電車に乗り、家に帰りましたが、私は運が良かったです。もう少し遅かったら、電車は止まってしまったのです。

2000年9月11日
名古屋近辺に住んでいる人には忘れられない日、東海集中豪雨の日でした。

そのほぼ1週間後、会社で仕事をしていると、またあの不思議な光線が見えてきました。今度は規模が小さく、視界の右側へ消えてなくなりました。それ以降、その光線は見ることはないです。

 

 

次の話に続く

spirityual体験記に戻る